嵐の様な水やり

0
    先日の水やりの記事に宮古島に住む知人からこんなことを言われた。

    プルメリアは、ちょろちょろ水をやってもダメだね!

    その知人は、趣味でプルメリアを育てているのですが、嵐の様に激しく水をかけて葉っぱ全体が水がかかる様にするのがコツと言っていました。

    葉っぱ全体が濡れるから湿度が上がって良いのかもしれませんね。

    やはり、植物の自生地の気候を調べてみるのは良いことです。


    水やりの心

    0
      水やりをしながら思ったこと・・・

      自然界で雨ってパタパタっと降ったり

      どわぁーっと嵐だったり。

      「だから水やりも強弱つけたら良かんべぇか」

      「いやいや待て落ちつけ、そんな事は無い」

      今までどうりやろう。

      ということで、今ゼラニウムには鉢の半分くらいが湿れば良いや〜という感覚。

      あくまでも感覚。

      遮光もしてるからそんぐらいが良い塩梅。



      写真は秋田緑花農園で一番多く生産しているゼラニウムの5寸鉢仕様です。
      秋に出荷する物が並んでいます。

      今ハウスの中は日よけをしても35度位にはなっちゃいます。だからなるべく水を最低限の量に抑えて植物の成長を調節してます。

      今、水もいっぱいあげて肥料もたっぷりあげたらひょーろひょろに伸びてしまうでしょう。

      いやー本当に水やりは奥が深いです。

      水やり10年。

      生産の現場で良く言うことです。

      大袈裟じゃなく本当のこと。

      僕は生産を始めて14年。

      まだまだ水やりは難しいです。


      綺麗な種

      0
        生産者というよりも生産してる場所って、皆さんに綺麗な花を届けるために植物を育てるところです。

        だもんで、以外と綺麗に咲いてる花が少ない所です。

        ここが街中にある花屋さんと大きく違うところかもしれません。

        植物は沢山あるけど花屋さんに並べられる様に、綺麗な花を咲かせるために、力を養うところです。

        僕は、そんな場所で仕事してるせいか少々花や植物を見る視点が変わって来ます。



        写真は、ペラルゴニウム スケルトンズ ユニーク(ハーブゼラニウム)の種を撮ったものです。

        綿毛が光に反射してキラキラしてます。

        植物は色んなところに色んな形で美を作り出してくれます。


        自然と共生

        0


          台風一過空は真っ青!
          あまりにも眩しすぎるので、今日はアンダーグラウンドな話し。

          じめじめ〜っとよろしくお願いします(笑)

          下水道から出た有機物を超高温発酵菌で無害化した肥料。
          そして、空気があると生きていられない光合成細菌についてです。

          今、試験的に「下水道肥料」を生産に使えないかを試しています。

          うへっ?
          下水道?
          汚!!

          と、思うかもしれませんが今は違うんです。工業排水も厳しく規制され、病院の排水も直接入り込まない様になってるとのこと。
          一説には、家畜糞の堆肥より重金属値は低いそう。
          国土交通省も「ビストロ下水道」と称して野菜に下水道肥料を使って、本当の意味で水の循環を目指しています。

          鉢物の生産って自然と隔離されているんです。そこをなんとか自然の循環に近づけたくてこんな試みをしています。
          自然に近づける、自然と一体になるということが癒しに繋がるんじゃないかという仮説です。

          見てるだけでホッとする花。

          あなたも僕もホッと出来る花目指します。

          ということで、
          下水道肥料を使った培養土で目指すもの。
          植物が丈夫に育つ。
          虫が付きにくくなる。
          病気になりにくくなる。
          薬品散布の量が減る。
          コストを抑える。
          人と環境に優しい。

          そこで必要となるのが光合成細菌。

          ごめんなさい、ここからは専門的になります。
          下水道肥料の特徴は超高温で分解してるので、C/N比が低く、PHが高い、そしてアンモニア態窒素が高いということ。

          培養した光合成細菌とピートモスを混ぜて2次発酵をさせてアンモニア態窒素を硝酸態窒素に変え、PHとC/N比を調整しようと思ってます。

          まだまだ販売する花に使える段階では無いのですが上手くいったら
          また報告しますね。

          写真は下水道肥料と培養中の光合成細菌。

          全ては、花と緑で人を癒すために!!!

          4次元なひとり言

          0


            秋田緑花農園の梅の木(実らない梅f^_^;)の下に2年前に植えたアジサイ。

            なんか馴染まない。

            やっぱり園芸品種は家と馴染む様にできてるんでしょうか。。


            ちなみにこちら、すぐ隣に20年以上たたずんでいる紫陽花。

            馴染んでる。

            ほうきぐさ(コキア)ポサリン販売開始

            0


              今年も「ほうきぐさポサリン」の販売開始です。

              何処かで見かけたら撫でてあげて下さい。

              今は東京の大田市場経由でホームセンターで売られています。

              どこにも売って無いよ〜、でもポサリンに会いたいという方いらっしゃったら、お近くの花屋さんから市場に問い合わせてもらって下さい。

              撫でて、育てて、緑を眺めて、ぽさ〜っと癒されてみませんか( ̄▽ ̄)

              はぼたんブーケ

              0
                急に寒くなりましたね。
                あまり秋を堪能できずに冬になってしまった感がありますが、寒くなったお陰で葉牡丹ブーケも色づき始めました。

                これから花屋さんになどに並んでいく葉牡丹ブーケをお買い求め頂いた皆様のために「葉牡丹ブーケの楽しむために」という動画を作りました。
                葉牡丹ブーケで心安らかなひと時をお楽しみください。
                 

                長い!分かりにくい!などのご意見もお待ちしております。


                 

                益子焼との共演なり

                0



                  栃木県益子町に行ってきました。

                  そう。写真にも写っている益子焼を見に・・・

                  当日は、春と秋に行われる陶器市だったので、もうテントがずら〜っと並んでいて焼き物焼き物焼き物・・・

                  最近は益子焼といっても色々あるんですね。
                  特に若い作家さん達が自由に「古新しい」を表現していました。

                  後で、聞いた話なのですが、最近では全国どこにいても自分が欲しい土が手に入るので、地域ごとに特色がある
                  焼き物が減ってきているみたいで、それはそれで、ちょっと寂しいかな。



                  これも一個前の湯飲みと同じ作家さんのです。
                  作ってあったギャザリングと合わせてみました。
                  自分に似合わず可愛い・・・

                  背景が汚くってごめんなさい。



                  なんで、花と焼き物の組み合わせで写真を撮ったのかと言うとですね

                  実は、当日テントが並ぶ益子で、ギャザリングに使えるような器は無いものかと物色してました

                  今思うと作家さんに失礼ですね・・・花を引き立てる入れ物を探しているわけだから

                  そこで、気づいたんです。

                  あ〜、そうか、作家さんが思いを込めた焼き物は
                  僕が作る花と一緒なんだって。

                  そう思ったもんだから、花と益子焼のコラボ写真を撮ったわけです。

                  どうです?

                  結構、共演になってると思いません?


                   

                  葉牡丹品種リスト

                  0
                    最近綺麗な葉牡丹をたくさん見かけますね。
                    葉っぱなのに、まるでバラの花ように見えたりもします。
                    そんな葉牡丹ですが、元はキャベツの仲間のケール。
                    日本人独自の感性で昔から綺麗な葉っぱを作るために品種改良されてきました。

                    日本にしかない綺麗な葉牡丹。
                    真冬の寒さにも寒さにもへっちゃらです。
                    丈夫なので、色々な方法で寄せ植えにも使えます。

                    秋田緑花農園ではそんな葉牡丹をもっと綺麗に、もっと可愛くするために10本植えの葉牡丹を
                    作っちゃいました。
                    その名も「葉ぼたんブーケ」

                    まるでバラの花束のような葉牡丹です。
                    寒さにあたると綺麗に色づくので、家の外の日の当たるところに置いて
                    可愛がってあげてください。
                    一回り大きな鉢に植え替えると下葉が枯れ上がらなくなりますよ。

                    写真は品種リストです。まだまだ色づいてませんが参考までに。
                    2013.10.14撮影

                    「白ツグミ」とてもキュキュッと仕上がりそう。

                    「桃ツグミ」



                    「紅ツグミ」他のツグミより葉っぱが大きめ。

                    「雪華美」丸い葉が可愛い。

                    「ウィンターチェリー」
                    切り花品種の中でも伸びる品種のようです。

                    ウィンターチェリーを横から見た写真。

                    ちょっと伸び上ってますね。

                    使い道によっては、これも良いかも。

                    「バイカラートーチ」
                    色が出てくるともっと個性豊かになるんですが。

                    「冬紅」

                     「晴姿」
                    上から見ると綺麗な葉の展開をしているのですが横から見ると
                    葉の重なりが広いというか、要するに間延びしています。


                    「晴れ姿」
                    横から見た写真。


                    「紅傘」
                    とてもバランス良く育っています。
                    このまま、あまり大きくしないように育てたいと思います。



























                    「初夢」
                    とても良い感じです。





























                    「初夢」
                    いっぱい並んでいるととてもいい感じ。
                    多少生育にバラつきがありますが、それも良い感じだと思いませんか。

                                                                                                          


                    今回掲載した写真は色づく前の写真です。
                    秋田緑花農園の栽培管理の話になりますが、写真の状態から葉牡丹の綺麗な色を出すために、寒さに当てることはもちろん
                    肥料の窒素レベルを下げていきます。それは、肥料が効きすぎていると緑が残って綺麗に色があがらないのです。
                    でもこの難しいところが、あまり窒素レベルを下げすぎると下葉が枯れてきてしまうところ・・・

                    もちろん、お客様のところに届いてからはそんなに気を使う必要はないのですが、みなさんの手にとって頂くまでは
                    最新の注意を払います。
                    勿論、花で人の心を癒すためにね!

                    また色づいて来たら写真をアップしたいと思います。
                     

                    ヒューケラの品種リスト

                    0
                      他の花と合わせて寄せ植えを作ると、グッと大人の雰囲気になるヒューケラ。
                      冬の寒さには抜群に強いので秋の寄せ植えや植え込みにはマストアイテムです!
                      今回は2013年10月現在の秋田緑花農園の栽培品種をリストアップ!

                      そうそう、夏の暑さはちょっと苦手です。
                      暑くて成長が止まったなぁと感じたら、明るい日陰に置いて水を控えめにしてみてください。
                      控えめというと、水を上げた時に鉢の下からポタッポタッポタッと3滴くらい水が出るくらい。
                      下からジャージャー水が出るようだと上げすぎです。

                      夏、水を控えめに管理すると、丈夫な根が育って秋の成長がとっても良くなりますよ。
                      お試しあれ。

                       ドルチェ/クリームブリュレ

                      ブラウンシュガー

                      アンバーウェーブ

                      ブルカーノ

                      キャラメル

                      モカ

                      プリティーペリニー

                      ミラクル

                      マグナム

                      ティラミス

                      ボジョレー

                      ピノノワール

                      ピスタチオ

                      ドルチェ/ブラックベリージャム

                      シュガーフロスティング

                      ドルチェ/グリーンスパイス

                      ドルチェ/ピーチパイ

                      アンコール

                      シトロネル

                      クリスタ

                      ブラックアウト

                      撮影日 2013・10・02

                      〜特性上の注意点〜
                      クリスタとブラックアウトはとてもコンパクトな品種です
                      グリーンスパイスは夏の高温にとても弱い品種です
                       


                      profile

                      access

                      contact

                      calendar

                      S M T W T F S
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      30      
                      << September 2018 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      links

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      みんなのブログポータル JUGEM