4次元なひとり言

0


    秋田緑花農園の梅の木(実らない梅f^_^;)の下に2年前に植えたアジサイ。

    なんか馴染まない。

    やっぱり園芸品種は家と馴染む様にできてるんでしょうか。。


    ちなみにこちら、すぐ隣に20年以上たたずんでいる紫陽花。

    馴染んでる。

    ほうきぐさ(コキア)ポサリン販売開始

    0


      今年も「ほうきぐさポサリン」の販売開始です。

      何処かで見かけたら撫でてあげて下さい。

      今は東京の大田市場経由でホームセンターで売られています。

      どこにも売って無いよ〜、でもポサリンに会いたいという方いらっしゃったら、お近くの花屋さんから市場に問い合わせてもらって下さい。

      撫でて、育てて、緑を眺めて、ぽさ〜っと癒されてみませんか( ̄▽ ̄)

      はぼたんブーケ

      0
        急に寒くなりましたね。
        あまり秋を堪能できずに冬になってしまった感がありますが、寒くなったお陰で葉牡丹ブーケも色づき始めました。

        これから花屋さんになどに並んでいく葉牡丹ブーケをお買い求め頂いた皆様のために「葉牡丹ブーケの楽しむために」という動画を作りました。
        葉牡丹ブーケで心安らかなひと時をお楽しみください。
         

        長い!分かりにくい!などのご意見もお待ちしております。


         

        益子焼との共演なり

        0



          栃木県益子町に行ってきました。

          そう。写真にも写っている益子焼を見に・・・

          当日は、春と秋に行われる陶器市だったので、もうテントがずら〜っと並んでいて焼き物焼き物焼き物・・・

          最近は益子焼といっても色々あるんですね。
          特に若い作家さん達が自由に「古新しい」を表現していました。

          後で、聞いた話なのですが、最近では全国どこにいても自分が欲しい土が手に入るので、地域ごとに特色がある
          焼き物が減ってきているみたいで、それはそれで、ちょっと寂しいかな。



          これも一個前の湯飲みと同じ作家さんのです。
          作ってあったギャザリングと合わせてみました。
          自分に似合わず可愛い・・・

          背景が汚くってごめんなさい。



          なんで、花と焼き物の組み合わせで写真を撮ったのかと言うとですね

          実は、当日テントが並ぶ益子で、ギャザリングに使えるような器は無いものかと物色してました

          今思うと作家さんに失礼ですね・・・花を引き立てる入れ物を探しているわけだから

          そこで、気づいたんです。

          あ〜、そうか、作家さんが思いを込めた焼き物は
          僕が作る花と一緒なんだって。

          そう思ったもんだから、花と益子焼のコラボ写真を撮ったわけです。

          どうです?

          結構、共演になってると思いません?


           

          葉牡丹品種リスト

          0
            最近綺麗な葉牡丹をたくさん見かけますね。
            葉っぱなのに、まるでバラの花ように見えたりもします。
            そんな葉牡丹ですが、元はキャベツの仲間のケール。
            日本人独自の感性で昔から綺麗な葉っぱを作るために品種改良されてきました。

            日本にしかない綺麗な葉牡丹。
            真冬の寒さにも寒さにもへっちゃらです。
            丈夫なので、色々な方法で寄せ植えにも使えます。

            秋田緑花農園ではそんな葉牡丹をもっと綺麗に、もっと可愛くするために10本植えの葉牡丹を
            作っちゃいました。
            その名も「葉ぼたんブーケ」

            まるでバラの花束のような葉牡丹です。
            寒さにあたると綺麗に色づくので、家の外の日の当たるところに置いて
            可愛がってあげてください。
            一回り大きな鉢に植え替えると下葉が枯れ上がらなくなりますよ。

            写真は品種リストです。まだまだ色づいてませんが参考までに。
            2013.10.14撮影

            「白ツグミ」とてもキュキュッと仕上がりそう。

            「桃ツグミ」



            「紅ツグミ」他のツグミより葉っぱが大きめ。

            「雪華美」丸い葉が可愛い。

            「ウィンターチェリー」
            切り花品種の中でも伸びる品種のようです。

            ウィンターチェリーを横から見た写真。

            ちょっと伸び上ってますね。

            使い道によっては、これも良いかも。

            「バイカラートーチ」
            色が出てくるともっと個性豊かになるんですが。

            「冬紅」

             「晴姿」
            上から見ると綺麗な葉の展開をしているのですが横から見ると
            葉の重なりが広いというか、要するに間延びしています。


            「晴れ姿」
            横から見た写真。


            「紅傘」
            とてもバランス良く育っています。
            このまま、あまり大きくしないように育てたいと思います。



























            「初夢」
            とても良い感じです。





























            「初夢」
            いっぱい並んでいるととてもいい感じ。
            多少生育にバラつきがありますが、それも良い感じだと思いませんか。

                                                                                                  


            今回掲載した写真は色づく前の写真です。
            秋田緑花農園の栽培管理の話になりますが、写真の状態から葉牡丹の綺麗な色を出すために、寒さに当てることはもちろん
            肥料の窒素レベルを下げていきます。それは、肥料が効きすぎていると緑が残って綺麗に色があがらないのです。
            でもこの難しいところが、あまり窒素レベルを下げすぎると下葉が枯れてきてしまうところ・・・

            もちろん、お客様のところに届いてからはそんなに気を使う必要はないのですが、みなさんの手にとって頂くまでは
            最新の注意を払います。
            勿論、花で人の心を癒すためにね!

            また色づいて来たら写真をアップしたいと思います。
             

            ヒューケラの品種リスト

            0
              他の花と合わせて寄せ植えを作ると、グッと大人の雰囲気になるヒューケラ。
              冬の寒さには抜群に強いので秋の寄せ植えや植え込みにはマストアイテムです!
              今回は2013年10月現在の秋田緑花農園の栽培品種をリストアップ!

              そうそう、夏の暑さはちょっと苦手です。
              暑くて成長が止まったなぁと感じたら、明るい日陰に置いて水を控えめにしてみてください。
              控えめというと、水を上げた時に鉢の下からポタッポタッポタッと3滴くらい水が出るくらい。
              下からジャージャー水が出るようだと上げすぎです。

              夏、水を控えめに管理すると、丈夫な根が育って秋の成長がとっても良くなりますよ。
              お試しあれ。

               ドルチェ/クリームブリュレ

              ブラウンシュガー

              アンバーウェーブ

              ブルカーノ

              キャラメル

              モカ

              プリティーペリニー

              ミラクル

              マグナム

              ティラミス

              ボジョレー

              ピノノワール

              ピスタチオ

              ドルチェ/ブラックベリージャム

              シュガーフロスティング

              ドルチェ/グリーンスパイス

              ドルチェ/ピーチパイ

              アンコール

              シトロネル

              クリスタ

              ブラックアウト

              撮影日 2013・10・02

              〜特性上の注意点〜
              クリスタとブラックアウトはとてもコンパクトな品種です
              グリーンスパイスは夏の高温にとても弱い品種です
               

              ただ今修行中!

              0
                 なんだか、秋が突然きてしまいました。
                昨晩も窓を開けていると寒い位でした。
                暑い暑いとぐったりしていましたが、夏の終わりの気配がしてくると寂しいもんです。



                写真は、私が作ったギャザリングです。
                山アジサイを中心に可愛いニチニチソウと八重のペチュニアを寄せました。

                ピンクに黒竜の黒が合わさって、ちょっと大人の雰囲気になっています・・・・・・・

                なーんて格好つけてコメントしてしまいましたが、まだまだ修行の身で、今も愛知の青木英朗先生に教わっています。

                「綺麗なお花を、もっと綺麗に魅せる」
                この考え方は、昨年の8月初めてレッスンに出た時に青木先生から教わりました。

                それだけでも綺麗なお花・・・

                そこに人の手と感性を注ぐ・・・

                花と花を合わせることで色が混ざり合います。
                そうすると、また違った美しさがそこに生まれるんですね。




                混ざり合う(ギャザリング)

                この技法は本当にすごいです。
                たくさんの花を育ててきた私も植物の可能性に気づかされました。

                ギャザリングに使えるもっと綺麗で、もっと丈夫な花を作る。
                それが新しいひとつの目標となりました。



                写真に写っている花苗はほとんどが市場で仕入れてきたものです。

                これを少しでも多く、秋田緑花農園で作られた苗にしていきたいもんです。



                ギャザリング

                将来の夢としては、ギャザリングの教室を開いて、花の美しさや、素晴らしさを伝えていきたいと思ってるんです。

                土をいじり、花を植えることで、触って、見て、香ってみることができます。
                そうすることで植物の、そして自然の癒しをもっと感じることが出来るはずです。

                花で人を癒し、心豊かな社会にしたいな〜。






                東京ビックサイトのビジネスマンをポサリンで癒して来ました!

                0
                   東京ビックサイトで、「ほうき草ポサリン」を販売してきました。

                  「下水道展’13東京」(7月30日〜8月2日開催)という、下水に関わるそうそうたる企業が400社近く出店されている展示会です。

                  あるお方の計らいで、「水の綺麗な東久留米」という事で、東久留米の野菜、うどん、お酒、
                  工芸品と一緒に出店出来ることになったのです。

                  お、するどい!分かりました?
                  そうなんです。

                  下水道は水を綺麗にして水を循環させています。
                  秋田緑花農園の花と緑も水が無ければ育てることが出来ません。
                  今回は水繋がり、ということで
                  「我が農園も地下14メートルから汲み上げた井戸水を使って育てています」と
                  アピールしてきました。

                  余談ですが、ウチの井戸水は本当に美味しいんです。年間を通して大体17度くらいで、暑い日なんかに飲むと、大地の力をがぶ飲みしてるみたいで本当に最高です。
                  今度飲みに来てくださいね。

                  さて、話を本題に戻すと、下水道展の中で物産販売をやっているのは私たちだけ。

                  通る人、通る人

                  は?なんで?野菜売ってるの?

                  ポサリン?

                  なにそれ?と困惑顔・・・

                  そんなビジネスマンの方々にポサリンを差し出して
                  「やさしく撫でてみて〜、触ると癒されますよ〜」

                  いや、本当に、実際触ってもらった反応は上々でした。

                  「結構疲れてるんだよね〜」というお兄さんは、触った瞬間、あまりの気持ちよさに
                  絶叫してました(笑)

                  たぶん、今回お話しさせてもらった方たちは、普段あまり花や緑に触れる機会は無いようでした。そういう方たちにも花と緑で癒しを提供できる!

                  そんなことを教えてもらった良い機会になりました。

                  4日間を通じて100個を販売させていただきました。
                  お買い上げいただいた皆さん、本当にありがとうございました!
                  なにかご意見ありましたらコメントいただけると幸いです。


                  手伝ってくれた山口君、神谷君お疲れ様でした。
                  また、プロデュースしてくださった渡邊恭子さん、ありがとうございました。

                  秋田茂良


                  下水道展’13

                  恥ずかしながらブログ初登場の秋田です。

                  あなたと一緒

                  0
                     え〜と・・・
                    何書こ・・・

                    あ〜ポサリンの育て方をいきましょう

                    基本は太陽大好き、熱いの大好き。

                    でも室内に置いて葉っぱをナデナデするのがお勧めです。
                    緑は淡く、さわり心地は柔らかくなってきます。

                    その時に気をつけることは光の確保と水やり

                    植物というもの、光合成をしないと生きてられません。

                    光の当たる窓辺に置くか、パソコンの脇などに置く場合は1日に2〜3時間
                    お日様に当てる。
                    そして水やりは、室内だとあまり蒸散しないので少な目になります。

                    土が少し乾いたらあげてください。

                    写真は大きい鉢に植え替えた様子。
                    ちょっと大きくなってます。

                    ポサリン並ぶ

                    0
                      さて、今日はポサリンの作られる場所の紹介です。

                      写真は秋田緑花農園のパイプハウスに、ずらーっと並ぶポサリン・・・

                      みんなかわいい我が子。

                      ひと鉢ひと鉢、水やりをして

                      太陽にいっぱいあてて育てています。

                      たまに自動灌水なんかも使いますが

                      けっこう愛情かけて育ててます。

                      そうそう、なぜかポサリンが並ぶハウスだけ空気が違うんです。

                      それがマイナスイオンなのか、温度が低いのかはわかりませんが

                      癒されるっていうことだけは間違いありません。

                      いや〜植物ってほんといいもんですね!



                       


                      profile

                      access

                      contact

                      calendar

                      S M T W T F S
                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      293031    
                      << July 2018 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      links

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      みんなのブログポータル JUGEM