ゼラニウムの鉢上げ

0
    秋に出荷予定のゼラニウム。一手に鉢上げを引き受けているのが、玲子さん。社長のお母様です。(写真小さ過ぎで、すみません。)
    ゼラニウム担当スタッフは鈴木さんで、私は心の中でゼラマニウムのママ、ゼラママと呼んでいますが、玲子さんはゼラ母です。たくさんのゼラニウムの鉢上げを母のように愛情込めて、楽しそうにしてくださっています。



    上の写真は、株をしっかり育てるために花を取って鉢上げしたゼラニウムです。下の写真は、これから鉢上げのゼラニウムです。あと2日くらいで終わるそうです。
    スタッフ田極

    夏至が過ぎて

    0
      あっという間に6月も下旬となりました。日が長くなっていたと思ったら、21日は夏至でした。
      今日の出荷は、ゼラニウム、スカビオサ
      、そしてクフィアのキューフォリック、ベロニカのレペンスでした。
      スカビオサと春先からのゼラニウムは今日で終了。秋のゼラニウムは鉢上げの真っ最中です。
      可憐なキューフォリック


      さわやかなライムグリーンの
      ベロニカ レペンス


      その後の3匹の子猫 …
      農園の離れで、ニャーニャーとかわいくないていた子猫たちも、窓から覗くと、すごい勢いで飛んできます。動きや表情に野性を感じるたくましさです。窓越しに写真を撮るのですが、とらえるのも大変。


      3匹入っていた器には、もう2匹しか入れません。


      こちらはさすが貫禄のシッポさんです。「何か用?」といった表情。いえ、何でもありません。(スタッフ田極)

      ペティの花束( ルーティブーケ )

      0
        先週末、福島の花屋さんがカリブラコアのペティを買ってくださって、ギャザリングの教室で花材として使ってくださいました。そこで作成されたウェディングブーケのようなルーティブーケ。こんな風に仕立てられるとは驚きです。

















        ペティをこんもり育てるには時間がかかり、時期的には遅くなりましたが、良い株ができました。育ててきた花がさらに生かされて嬉しい限りです。
        スタッフ田極


        梅雨の晴れ間をぬって

        0
          梅雨の晴れ間をぬって、男性陣が小麦の刈り取りをしました(暑い中、お疲れ様)。
          秋田緑花農園では、会長を中心に小麦とサツマイモの栽培もしています。小麦が刈り取られると、現れたのがサツマイモの苗(写真には写っていませんが)。すでにサツマイモが植えられていて、農業は計画的に行うものなのだと改めて感じました。
          スタッフ田極





          ポサリン、カラミンサ初出荷

          0
            梅雨に入りましたね。蒸し暑い1日でした。

            今年初めてのポサリン、カラミンサの出荷。ゼラニウム、カリブラコアのペティも出荷したので大忙しでした。



            ポサリン、ふわふわとかわいいですよ。




            カラミンサはホワイトとブルーで色も香りもさわやか。梅雨にこの香りを楽しんでもらいたいです。





            スカビオサも明日、花屋さんへの発送があります。3月に定植をして、スタッフ辻村を中心にお世話をしてきましたが、待ちに待った花があがってきました。
            スタッフ田極






            ペティも出荷です。

            0
              今朝はちょっと肌寒いくらいで、空は真っ青、仕事も気持ちよくスタートしましたが、昼間は暑くなりました。早いもので6月です。

              今日は、ゼラニウムとカリブラコアのペティを出荷しました。



              ペティは、今週から本格的な出荷が始まりました。
              4.5寸鉢にこんもりと美しく育てるため何回かピンチしてきましたが、仕事が追いつかず、タイミングよくカットしてあげられませんでした。
              それにもかかわらず、きれいな形になってくれました。
              ペティのピンチは、もうしばらく続きます。
              ケースにつめたペティ


              ゼラニウムは秋の苗も入って、順々に育っています。
              ゼラニウムの水やりは、スタッフ鈴木を中心に(鈴木さんはビオラとゼラニウムの担当者なので、私は密かにビオラママ、ゼラママと呼んでいます。)心を配りながらやっております。
              水やりの加減も成長段階で変えているということです。下の写真のように、まだ小さい苗には土の上層部だけに水を与えるようにして根をしっかり育てるようにします。わかりにくいのですが、水で濡れているのが上層部だけという写真です。
              念のため、写真の手は鈴木さんではなく、社長です(笑)。
              スタッフ田極


              ご注文ありがとうございました

              0
                昼過ぎ、気温が34度もありました。暑いですが、日を浴びて小麦畑も豊かな黄金色になりました。24節気によれば季節は小満。小満とは、いのちが、しだいに満ち満ちていく頃のこととありました。





                たくさんご注文いただいていた、ハーブゼラニウムなどを無事に送り出せました。

                ペパーミントゼラニウム
                香りは爽やか、花もかわいい。



                ローズゼラニウム 次々花が咲きます。


                ナツメグゼラニウム
                手入れをしていると香りのいいこと!


                レモンゼラニウム
                本当にレモンの香り。花もかわいい。


                昨日は近くの自由学園で行われた南沢フェスティバルにも出店。週末にはゼラニウムの新苗も届き、このところ大忙しです。猫の手としては役に立っておりませんが、子猫たちが和ませてくれています。
                スタッフ田極




                大切にお届けするために

                0
                  アイビーゼラニウム・パールホワイトの発送を準備する社長。
                  ゼラニウムを箱に入れておくと、植物自体から出るエチレンガスによって、花が落ちてしまうことがあります。そのため、事前に落花防止剤をかけ乾いてから箱に詰めています。
                  この日は大阪、和歌山、宮崎への発送です。





                  パールホワイトの花をズームアップ。
                  ほのかに桃色がかった白がとても美しいと思います。




                  6日に猫の手を借りたいくらい大忙しですとブログ書きました。そして週明けに出勤したら、猫の手が増えていました。
                  3匹の子猫が仲間入り。まだ生後40日。またビクビクしているので、私たちも遠くから眺めるだけです。私の目視では、白1匹、キジトラ2匹だったと思います。
                  (9日月曜日時点) スタッフ田極

                  立夏が過ぎて

                  0



                    小麦の穂もだいぶ伸びてきました。立夏も過ぎていよいよ夏めいてきました。
                    仕事中、「暑いですか?」と聞かれて、自分のことかと思ったら、植物にとって暑いかどうかを聞かれたということを思い出しました。ハウス内の温度も30度を超える日が出てきました。


                    緑が増して気持ちのよい季節。農園の中も、過ごしやすくなったのでしょう。キジトラのネコさんも出てきました。

                    スカビオサ

                    カラミンサ

                    ローズゼラニウム


                    ゼラニウム類の出荷もピーク。
                    秋のゼラニウム、ホウキグサ、スカビオサ、カラミンサなどの栽培、カリブラコアのピンチなどなど大忙しです。
                    猫の手も借りたいですよ、ネコさん。
                    スタッフ田極

                    出荷、切り戻し、時々種取り

                    0
                      ゼラニウム、アイビーゼラニウム、ローズゼラニウムの出荷です。よく咲いてくれました。ゼラニウムのエミリアやアイビーゼラのメキシカーナリットは透明感のある花が魅力だと思います。








                      私、ケース買いしたいくらいです。

                      ネメシアの切り戻しをしました。形よく育ってと願いながら。
                      パンジー、ビオラの種取りも最終段階。
                      担当の鈴木(私は心の中で「ビオラママ」と呼んでいる)を中心に種取りもがんばりました。
                      スタッフ田極


                      profile

                      access

                      contact

                      calendar

                      S M T W T F S
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      24252627282930
                      31      
                      << December 2017 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      links

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      みんなのブログポータル JUGEM