ただ今修行中!

0
     なんだか、秋が突然きてしまいました。
    昨晩も窓を開けていると寒い位でした。
    暑い暑いとぐったりしていましたが、夏の終わりの気配がしてくると寂しいもんです。



    写真は、私が作ったギャザリングです。
    山アジサイを中心に可愛いニチニチソウと八重のペチュニアを寄せました。

    ピンクに黒竜の黒が合わさって、ちょっと大人の雰囲気になっています・・・・・・・

    なーんて格好つけてコメントしてしまいましたが、まだまだ修行の身で、今も愛知の青木英朗先生に教わっています。

    「綺麗なお花を、もっと綺麗に魅せる」
    この考え方は、昨年の8月初めてレッスンに出た時に青木先生から教わりました。

    それだけでも綺麗なお花・・・

    そこに人の手と感性を注ぐ・・・

    花と花を合わせることで色が混ざり合います。
    そうすると、また違った美しさがそこに生まれるんですね。




    混ざり合う(ギャザリング)

    この技法は本当にすごいです。
    たくさんの花を育ててきた私も植物の可能性に気づかされました。

    ギャザリングに使えるもっと綺麗で、もっと丈夫な花を作る。
    それが新しいひとつの目標となりました。



    写真に写っている花苗はほとんどが市場で仕入れてきたものです。

    これを少しでも多く、秋田緑花農園で作られた苗にしていきたいもんです。



    ギャザリング

    将来の夢としては、ギャザリングの教室を開いて、花の美しさや、素晴らしさを伝えていきたいと思ってるんです。

    土をいじり、花を植えることで、触って、見て、香ってみることができます。
    そうすることで植物の、そして自然の癒しをもっと感じることが出来るはずです。

    花で人を癒し、心豊かな社会にしたいな〜。






    東京ビックサイトのビジネスマンをポサリンで癒して来ました!

    0
       東京ビックサイトで、「ほうき草ポサリン」を販売してきました。

      「下水道展’13東京」(7月30日〜8月2日開催)という、下水に関わるそうそうたる企業が400社近く出店されている展示会です。

      あるお方の計らいで、「水の綺麗な東久留米」という事で、東久留米の野菜、うどん、お酒、
      工芸品と一緒に出店出来ることになったのです。

      お、するどい!分かりました?
      そうなんです。

      下水道は水を綺麗にして水を循環させています。
      秋田緑花農園の花と緑も水が無ければ育てることが出来ません。
      今回は水繋がり、ということで
      「我が農園も地下14メートルから汲み上げた井戸水を使って育てています」と
      アピールしてきました。

      余談ですが、ウチの井戸水は本当に美味しいんです。年間を通して大体17度くらいで、暑い日なんかに飲むと、大地の力をがぶ飲みしてるみたいで本当に最高です。
      今度飲みに来てくださいね。

      さて、話を本題に戻すと、下水道展の中で物産販売をやっているのは私たちだけ。

      通る人、通る人

      は?なんで?野菜売ってるの?

      ポサリン?

      なにそれ?と困惑顔・・・

      そんなビジネスマンの方々にポサリンを差し出して
      「やさしく撫でてみて〜、触ると癒されますよ〜」

      いや、本当に、実際触ってもらった反応は上々でした。

      「結構疲れてるんだよね〜」というお兄さんは、触った瞬間、あまりの気持ちよさに
      絶叫してました(笑)

      たぶん、今回お話しさせてもらった方たちは、普段あまり花や緑に触れる機会は無いようでした。そういう方たちにも花と緑で癒しを提供できる!

      そんなことを教えてもらった良い機会になりました。

      4日間を通じて100個を販売させていただきました。
      お買い上げいただいた皆さん、本当にありがとうございました!
      なにかご意見ありましたらコメントいただけると幸いです。


      手伝ってくれた山口君、神谷君お疲れ様でした。
      また、プロデュースしてくださった渡邊恭子さん、ありがとうございました。

      秋田茂良


      下水道展’13

      恥ずかしながらブログ初登場の秋田です。

      あなたと一緒

      0
         え〜と・・・
        何書こ・・・

        あ〜ポサリンの育て方をいきましょう

        基本は太陽大好き、熱いの大好き。

        でも室内に置いて葉っぱをナデナデするのがお勧めです。
        緑は淡く、さわり心地は柔らかくなってきます。

        その時に気をつけることは光の確保と水やり

        植物というもの、光合成をしないと生きてられません。

        光の当たる窓辺に置くか、パソコンの脇などに置く場合は1日に2〜3時間
        お日様に当てる。
        そして水やりは、室内だとあまり蒸散しないので少な目になります。

        土が少し乾いたらあげてください。

        写真は大きい鉢に植え替えた様子。
        ちょっと大きくなってます。

        ポサリン並ぶ

        0
          さて、今日はポサリンの作られる場所の紹介です。

          写真は秋田緑花農園のパイプハウスに、ずらーっと並ぶポサリン・・・

          みんなかわいい我が子。

          ひと鉢ひと鉢、水やりをして

          太陽にいっぱいあてて育てています。

          たまに自動灌水なんかも使いますが

          けっこう愛情かけて育ててます。

          そうそう、なぜかポサリンが並ぶハウスだけ空気が違うんです。

          それがマイナスイオンなのか、温度が低いのかはわかりませんが

          癒されるっていうことだけは間違いありません。

          いや〜植物ってほんといいもんですね!



           

          ほうき草ポサリン

          0
            ほうき草ポサリン
            ボクは水と緑のまち東京都東久留米市の秋田さんちで生まれた「ほうき草」だリン。
            おひさまとお水が大好きなんだ。
            とくぎは人を癒すことなんだリン。
            おっきい鉢かお庭に植えてくれたらボクおっきくなっちゃうかもよ。
            みんな「ポサリン」って呼んでね。


            profile

            access

            contact

            calendar

            S M T W T F S
             123456
            78910111213
            14151617181920
            21222324252627
            282930    
            << April 2019 >>

            selected entries

            categories

            archives

            recent comment

            links

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            みんなのブログポータル JUGEM